【ハマってるベトの弦四初期作品】

♬音楽鑑賞♬ 6月29日(金) 

【ハマってるベトの弦四初期作品】

今夜のプログラムは、以下のとおりです♬
1.ベートーヴェン『弦楽四重奏曲第4番』
2.ベートーヴェン『弦楽四重奏曲第5番』
3.ベートーヴェン『弦楽四重奏曲第6番』

演奏:スメタナ弦楽四重奏団
メディア:CD+ミニコンポ(イコライザー使用)

このところずっと初期作品、それも作品18の6つの楽曲を聴き続けています♬
Reiちゃんも言っていますが、単に瑞々しいと言うばかりではありません。
やっぱりベートーヴェンという人が、個の尊厳とか、主体性の確立といった近代ヒューマニズムの先駆けとしての人間形成を成就した存在であったことを十全に証している音楽だと思います。

*****

嘘と隠蔽と改竄とはぐらかしといった答弁を繰り返す権力者とその傀儡たちに対して、本気で怒らず、半ば諦めてしまっている二十一世紀の現代人の前近代性をみるとき、かのベートーヴェンの存在は、真に驚歎に値します。


画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック